2007年01月30日

不都合な真実 An inconvenient truth

映画を見てきました。
今からもう7年前、ブッシュJrと大統領の座を争ったゴアが主人公。
彼が全米だけでなく世界各地でやっているセミナーを通して、地球温暖化について考える、ドキュメンタリー調の映画です。

アメリカでは京都議定書なんて話題にものぼらないだろうと思っていたら、この映画、全米60カ所でしか上映していなかったにも関わらず、トップ10入りしたんだそうです。
その結果、さらなる注目を浴びた、とのこと。

論理展開がシンプルで、誰にでも分かりやすくて受けたのかというと、そうでもない。

むしろ、そこここに散りばめられた、衝撃的な映像、グラフ、そして見せ方、惹きつけ方。
それらが印象に残って、日常生活に変化を強制するものでした。

それから、事実とそれに対する法整備のあり方、そこではモラルが最も重要な部分を成しているということ。
いろいろな形で、政治家ゴアを目の当たりにしました。

その前日に、たまたま聞いていたラジオ番組に登場したのが、省電舎という会社の社長。
クライアントのオフィスビルに省エネ型設備をリースで投入し、コスト削減を図って浮いたお金でフィーを受け取る(正確には保証金を受け取ると言ってましたが)というビジネスモデル。

Win-Win関係が成立して、しかも環境にいいとは、なんてすばらしいビジネスなんだ!とひとり感動していました。

こういう企業が出てくると、社会的責任投資にも興味がでてきますね。


じゃあ私は自分でできる範囲で環境問題に向き合おう。
って、その後、岩盤浴に行ってカラダスキャンしたら、体脂肪率14.9%でした。
省エネ実施中。。。
-----------------
sent from W-ZERO3
posted by ウズマキ at 23:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさ。
久しぶりにのぞいてみました。
ちょっと自分の業界に関係あることだったのでコメントを(笑)

省電舎なんかのやっている事業をESCOっていうんですよ。
当社も積極的に取りに言っている分野です。実は。
この分野の競争も厳しいんですが、こういった競争があるとよりよいものが出来るんでしょうね。

競争を通して社会へ還元できる。
なかなかいいことですよね。
Posted by あだち at 2007年02月04日 18:45
あだちさま、コメントありがとう。久しぶりだね。

さっそくESCO調べてみましたよ。
上記省電舎さん入ってました。
あだちさまがお勤めの会社さんも入ってましたね。

大企業は当然のこととして、模索していてほしいな。
加えて、ビジネスチャンスを見いだした新規参入者が現れるのは、喜ばしいことです。

ESCO事業の情報ありがとう。
勉強になりました!
Posted by ウズマキ at 2007年02月05日 02:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。